自転車で巡る 巨椋池の変革

f:id:n_a_bicycle:20181205230823j:plainかつて京都の南に広がっていた広大な池、巨椋池。蓮が一面に咲き、夜は月見で有名な景勝地でありましたが、今では干拓されて広大な農地や工業団地となりました。漁村に残る屋敷と巨大な排水ポンプ、京都にもあった飛行場、室町幕府終焉の地、太閤秀吉が関わった向島城や堤といった痕跡を巡ります。

開催日 2019年1月13日 9:00開始〜15:00頃終了

開催要項 伏見から巨椋池にまつわる史跡サイクリングをします。

コース 約31km(予定)
近鉄・地下鉄竹田駅西口〜三栖神社〜巨椋大橋〜大池神社〜旧山田家住宅※〜巨椋池排水機場〜玉田神社〜逓信省京都航空機乗員養成所記念碑〜竹久夢二旧跡〜荒見神社〜くみやま遺跡展示室(昼休憩)〜上津屋橋(流れ橋)〜雙栗神社〜宇治橋宇治川太閤堤跡〜槙島城跡〜巨椋神社〜向島城本丸跡〜観月橋近鉄桃山御陵前駅

参加方法 

洛南街道ガイド会ブログにある申し込みフォームにてご連絡ください。当日は近鉄竹田駅西口にて8時30分から受付、その際に参加費をお支払いください。
自転車はご自身の持ち込みです。安全のためヘルメットを着用してください。自転車は必ず行程を終えられるよう、整備しておいてください。整備不良と思われる場合は参加できない場合があります。
昼食や見学する際のワイヤーロックは各自でご用意ください。旧山田家住宅は入館料200円が必要です。

参加定員 5名(先着順)小・中学生は引率者が必要です。

参加費  一人800円 小・中学生は400 円(保険料込み・資料を配布)

締め切り 1月9日 23:00まで 当日申し込みはできません。

当日の京都府南部の天気予報が、前日12日の午後7時の段階で午前・午後どちらかが降水確率40%以上の場合開催しません。開催の有無はブログ等で告知します。

主催:洛南街道ガイド会(担当:中尾) fushimikyoukaidou@gmail.com

goo.gl